教育

学資保険の必要性

子供が産まれると、学資保険を検討される方が多いと思いますが、本当に必要なものなのでしょうか。
子供が産まれると、お宮参りや七五三、保育園、小学校などイベントがたくさんあります。
七五三の着物をレンタルしたりと、イベントは楽しいものなのですが、本当にお金がかかります。

民間の保険会社の調査では、子どもひとりを大学卒業まで育てるのに、基本的養育費は総額1640万円かかるといわれています。
それだけでも、子どもを産むのに二の足を踏んでしまうような額ですが、プラス学費として、全て公立国立コースでさえでも、1345万円かかるといわれています。

中学から私立コースであれば、最大2179万円ほどもかかります。
サラリーマン家庭の最初の破産の危機は、子どもの高校大学の進学時に訪れるとあります。
学資保険は、教育費の積み立て先取り貯金という側面もありますが、親に万が一があった場合でも、学資が支払えるように備えるものです。

実は亡くなるひとの5人に1人は、病気を発病して24時間以内になくなっているというデータもあります。
今は健康体でも、事故や突然死などで家族を残してしまう可能性も、ゼロではありません。
特約として、子ども自身の怪我や入院時に保険金が支払われる場合も多いです。

その場合は、保証がついた分、返戻率は100%を下回ることが多いので、注意が必要です。
また子供が小さいうちの医療費は公費でまかなわれることが多いので、重度の障害で介助が必要な場合や、先進医療などが必要な場合を省き、実際の出費が増えることはないでしょう。

学資保険は早めに入れば入るほど返戻率が良いことが多く、また保険料をまとめて前払いする場合は大きな割引があったりしますのでよく確認してください。
利回りが通常の貯蓄よりは高利率になっていることも魅力のひとつです。

しかし元本保証の学資保険は、大金を凍結することになりますので、運用益を得ることはできません。
例えば投資信託で同じ金額を投資したとして、得られる分配金と基準価額に比べ、損をする可能性もあります。

メリットデメリットを良く理解した上で、万が一に備える保険として、検討してはいかがでしょうか。
学資保険以外にも資産運用はあります。
資金を凍結することによって、失われるメリットもあるのです。
人気のある学資保険をいくつか紹介しているサイトがありましたので参考にしてみてください。

義歯をご検討の方は天然歯に劣らないインプラントをご覧ください。
Copyright(c) 2011 保険の選び方 All Rights Reserved.
Copyright(c) 2011 学資保険ってなに? All Rights Reserved.