教育

学資保険と子供保険の違いは?

混同されることの多い、学資保険とこども保険ですが、その違いは何でしょう。
学資保険は、その名のとおり、主に学資に備える保険で、比較的払戻率は高く、貯蓄性があります。
契約者、この場合親になりますが、死亡または重度障害などの場合に、保険金支払い義務が免除され、かつ満期には満額が支払われます。

一方、こども保険は、上記の学資保険に特約として、成長にあわせて受け取れる祝い金(一時金)や、契約者が死亡した場合などに満期まで継続して受け取れる育英年金、子どもの死亡、入院・通院の際に保険金がもらえる医療保証など、その他の子どもに関する保険が充実しているパッケージのことを呼ぶ場合が多いようです。

実際ほぼ、同じ意味に使われることが多いのですが、あえてわけるとすれば、つまるところ、保険の目的をどこにおくかの違いと言えます。

東京海上日動やNKSJひまわり生命では、こども保険とよび、アフラック、ソニー生命、かんぽ生命は学資保険とよんでいます。
第一生命ではこども学資保険、JA共済ではこども共済とよんでいます。
貯蓄型を学資保険、保証型を子ども保険ということができますが、必ずしも明確にわけていないのが現状です。

子ども保険は色々と開発されていて、選択の幅はひろがっています。
例えば投資信託の要素をとりいれた、変額保険タイプのものもあります。
変額保険では満期金の額が保証されないですが、予定利率は非常に良いことが多いです。
ハイリスクハイリターン型といえます。

上記にあげたような特約は、ついているほうが良いようですが、その分払戻率は下がりますので注意が必要です。
積み立てなので気がつかないうちに元本割れしていることもありえます。
保証に重きをおいた保険か、貯蓄性に重きをおいた積み立てかということが、学資保険や子ども保険を選ぶポイントといえます。
こちらにある、なぜ学資保険が必要なのかを詳しく解説しているサイトも是非ご覧ください。
教育資金の準備というと、学資保険!という固定概念をいったん置いておいて、必要だと思う保障だけをしっかり備えた保険を、賢く選択したいものですね。

こちらにある、「学資保険」と「定期積み立て」の決定的な違いの詳しい解説ページも参考になさってみてください。
Copyright(c) 2011 保険の選び方 All Rights Reserved.