教育

学資保険のメリットデメリット!

学資保険のメリットデメリットといえば、なんでしょう。

子供が生まれると、将来の学資の心配をされるひとが多いと思います。
メリットはなんといっても、いざというときの学資に備えることができるということです。

民間の保険会社の調査では、子どもひとりを大学卒業まで育てるのに、基本的養育費は総額1640万円かかるといわれています。
プラス学費として、全て公立国立コースでさえでも、1345万円かかるといわれています。
中学から私立コースであれば、最大2179万円ほどもかかります。

なかなか学資のためにこつこつ貯金するのも大変ですので、学資保険で計画的にそなえておくことは大切です。
もし契約者、つまり親になにかあっても、その後の保険料の支払いは免除された上、満期には満期金が受け取れるのが、学資保険最大のメリットです。

利回りは高くないですが、基本の主契約だけであれば戻り率は100%割ることはまずありません。
通常の貯蓄よりはよい方法といえるでしょう。

昔は学資保険といえば、郵便局の簡易保険(かんぽ)でしたが、今はあらゆる保険会社から子ども保険として発売されており、選択の幅は広がりました。
子供のために、医療保険やお祝い金を設定することもできます。

デメリットとしては、投資信託などに累積投資した場合とくらべて、どうしてもリターンが低いという面です。
もしも親になにかあったとき、親の生命保険がありますし、公立校では学費が免除・減額され、育英奨学金から無利子で借りられるので、実際はそこまで備える必要はないともいえます。

また医療保険についてもほとんどの地域で、医療費は公費でまかなわれており、先端医療や介護などにならないかぎり、ほぼただですので、これもまた実際そこまで必要なのか、検討する必要があります。
特約をつけると、受け取る保険料が支払った保険料を下回る場合がほとんどですので注意が必要です。

安いものではないので、メリットデメリットをよく検討したいものですね。
このサイトの、保険料から考える学資保険の解説も大変参考になりますので、是非ご覧になってみてください。
Copyright(c) 2011 保険の選び方 All Rights Reserved.